松原アーバンクリニック 医療法人社団プラタナス

  • アクセス
  • 採用について
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

デスカンファレンス

デスカンファレンスというと、医療に携わっている方はどのようなものかご存知だと思いますが、そうでない方にはなかなかイメージがつかないと思います。デスカンファレンスを簡単に説明すると、お亡くなりになった患者様やご家族の看取りの過程を振り返り、皆で話し合い、今後の医療や看護の質を高めようとするものです。

私たちのクリニックでは、医師や看護師だけではなく介護師、ソーシャルワーカー、事務など多職種のメンバーが参加して定期的なカンファレンスを行うとともに、デスカンファレンスも行っています。

改めて振り返る事で分かる事、感じる事が多くあります。何より話し合い、思いを表出する事で私たちの心の痛みもケアされ、患者さまやご家族一人ひとりを思い出して、最期の時間をともに過ごせた事を感謝出来るのです。

そして、次に出会う患者様にこの学び、思いをつなげていこうという気持ちになります。

もう1月も下旬となり、間もなく節分ですが、今年もスタッフ全員で力を合わせてよりよい医療と看護を提供していきたいと思います。

よろしくお願い致します。

病棟看護師


ポインセチア

サンタクロースのように真っ赤なポインセチアがやってきて

クリスマスモードがイッキに高まりました。

皆さんが素敵なクリスマスを過ごせますように。

写真


いい夫婦の日

11月22日は『いい夫婦』の日としてテレビなどでも大きく取り上げられていましたね。

当院では、外来、在宅、入院と様々な形で患者様と関わりますが、どの場面でも本当にあたたかく素敵なご家族、ご夫婦が多いと感じています。

素敵なご夫婦と出会うと、私たちも温かい気持ちになります。

そんな感謝の気持ちとご夫婦の愛に敬意を込めて入院中の患者様とそのご家族へ、手作りカードをお渡ししました。

 

いい夫婦の日


新しい仲間

 

少し時間がたちましたが9月に新しい仲間が増えました。

 

当院に就職される看護師はみんな、病棟経験者ですが、

新しい環境で看護を行う事はたとえベテランの看護師であれ

どんなに大変なことかはよく理解しています。

 

新しい仲間が、1日でも早く病棟に慣れて自身をもって働けるように

レディネスチェックやメンターナースとの面接などを定期的に設けるなど、

一人ひとりの看護師を大切にする教育を行っています。

DSCF1904


特別な日

 

患者様の誕生日には、みんなでお部屋を飾り付け、
Happy Birthdayを歌い、手作りの誕生日カードを渡して写真を撮ります。

入院中でも、入院中だからこそ、
1年に1回の誕生日という特別な日を、ささやかながらでも一緒にお祝いしたい、
それが私達の思いです。

 

特別な日


パンケーキパーティー♪♪

 

流行りのパンケーキを、患者さんと楽しみたい!

患者さんやご家族にとって想い出に残るイベントがしたい!

ということで、パンケーキパーティーを開催しました!

 

お部屋の飾り付けをして、テーブルにはクロスを敷いて…

“カフェ松原”の開店です!

パンケーキ1

ミッキー型のパンケーキは大好評!! 患者さんやご家族からもとても喜んでくださいました。

ご家族一緒にパンケーキの生地を混ぜたり、トッピングをしたり、

食欲がない方も笑顔で召し上がる姿には、スタッフも感動です。

 

今日という日が、患者さんにとっていつまでも心に残る想い出になること。

私たちもその貴重なお時間にご一緒できることを嬉しく思います。


看護師の募集について

当院のHPの求人情報にも掲載されておりますが、
医師、看護師を随時募集しております。

外来の看護師はこれまで看護師は一名体制でしたが、
増患や、在宅・入院時のサポートなど体制強化のための増員を行います。

今回はその外来のナースより簡単ではございますが、
コメントを頂きましたのでご紹介させてください。

プラタナスの理念「患者様視点の医療」を実行すべく
開院当時から関わっている看護師です。

患者様だけでなくスタッフにも優しくフレンドリーで、
周囲の信頼も厚いスタッフですのでご応募頂く方にも安心していただけると思います。

 

私は前職の病院でできなかったことを実現しようと思って入職しました。

患者さんに声を掛けたくても、業務に追われて型通り対応するのが
精一杯、そういう現場は多いですが、型にはまった看護ではなく、
患者さん一人ひとりを考えられる看護をしていきたいと思い、
今はほぼ実現できていると思います。

常に笑顔で接する、何気ない日々の声掛けを大切にする、
単純なことですが、仕事がとても楽しいと感じます。

プラタナスの理念「患者視点の医療」の実践は、難しさを感じることも
ありますが、試行錯誤しながら少しずつでも
近づきたいと思っています!

 

当院の外来は「外来・病棟・在宅の連携」の中で、
主に在宅療養されている患者様が来院され、
ご高齢者のプライマリーケアを中心に診療を行っています。

患者様に親身で優しい対応のできる方、協力して外来を盛りたてて下さる方、
患者様視点で医療を行っていきたいスタッフを求めています!

ご応募お待ちいたしております。


お世話になりました

そろそろ夏休みが始まる頃でしょうか。

暑い毎日が続きますが、今日はほのぼのとするエピソードが。

 

本日、当院に入院されていた患者様のご退院でした。

 

当院に入院されていた8ヶ月間。

当院の看護師・医師をはじめスタッフ全員が大変お世話になり、

感謝の気持ちを込めて患者様へメッセージ色紙のプレゼント。

退院のご挨拶

一期一会を大切にして

患者様・ご家族に少しでもほっこりしてもらえるように。


在宅医療とホスピスケア

先月に引き続き、田實医師による第2回目の勉強会が行われました。

前回はホスピス緩和ケアについて、田實先生の僻地での勤務経験や在宅での看取りについて話しを伺いましたが、今回は主に疼痛緩和に向けたオピオイドの種類や各投与方法、レスキューの使い方についての解説を、事例と共に学びました。

医療用麻薬でも、疾患によって選択すべき薬剤が異なったり、投与方法によって換算比が変わったりと、疼痛治療については緩和ケアに携わらない医療者にはまだ十分知られていないそうです。

患者さんが毎日をより楽に、その人らしく最期まで生き抜くことを支えられるよう、プロとして必要な知識を身につけ、これからの患者さんに役立ててゆきたいです。

田實医師勉強会_20130717


出会いに感謝

先日、当院で最期を迎えた患者様のご家族が会いに来て下さいました。

ご家族の笑顔は、私たちにとって本当にありがたいことです。

一緒に過ごした大切な時間は、いつまでも私たちの心に刻まれています。

 

以前、

「母がまだこちらにいるような気がして…」と、母の日にカーネーションを持ってこられた息子様もおられました。

こうしたエピソードが私たちの心を温かくし、そして命のリレーを感じる瞬間でもあります。

ひとつひとつの出逢いに感謝。

出会いに感謝



    カレンダー
  • 2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
月別アーカイブ

診療実績

ホスピス緩和ケアについて

ご入職希望の方へ



プラタナスの広場

プラタナスネットワーク 求人検索サイト



このページのトップへ