松原アーバンクリニック 医療法人社団プラタナス

  • アクセス
  • 採用について
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

8/19 第35回城北緩和医療研究会学術講演会に参加しました!

城北緩和

8/19 池袋ステーションコンファレンスにおいて、第35回城北緩和医療研究会学術講演会 が開催されました。

この研究会は、東京都緩和医療研究会の中の地区研究会で、平成12年から年2回講演会が行われており、当院の梅田院長も世話人の一人として活動されています。

ちょうど2年前は、当院と連携くださっている緩和ケア専門医の渡辺邦彦先生在宅ほすぴす院長)が特別講演をされました。

今年は、桜町病院ホスピス科の三枝好幸先生が、「今ホスピスにできること」というテーマで講演くださり、また特別講演では、「在宅ホスピスケア〜ケアタウン小平チームの取り組み〜」というテーマで、山崎章郎先生のお話を拝聴することができました。桜町病院ホスピス科の三枝先生は、山崎章郎先生の後輩にあたられる先生で、在宅療養が困難な方に対して桜町病院でどのようなホスピス緩和ケアが行われているかについて、様々な症例やオカリナ演奏を交えてうお話くださいました。たとえば、麻薬による症状緩和ということ以外に、先生がオカリナを吹く音色で「痛くて、これ以上生きるのは辛い」といっている患者様の気持ちが和らいでいく様子や、海の近くに暮らすのが夢だった患者さんの「海が見たい」という思いをすぐに実現される取り組みなど、とても参考になる取り組みを伺えました。ちなみに、本当にたまたまですが・・・当日講演会が始まる前の時間にBS1の番組で、「ラストドライブ〜願いの車〜」が放映されており、この番組では、ドイツでASBという団体が行っている、ホスピスの患者さんを希望する場所にボランティアの看護師等が付き添って医療設備の整った車で連れていく・・というサービスが紹介されていました。

山崎章郎先生は、言わずと知れた在宅ホスピスで高名な先生ですが、4年前には、ホームホスピス楪(ゆずりは)を開設され、独居になられた方の在宅療養を最期までサポートする取り組みについて伺うことができました。

次回は豊島病院(山田陽介先生)担当で、学術講演会が開催されるそうです。

 

また、東京都緩和医療研究会が10月22日に開催されるそうですが、来年の秋は、緩和医療学会の地方会(ができるとか)とコラボ企画が開催されるとのことでした。

 



    カレンダー
  • 2017年8月
    « 7月   12月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
月別アーカイブ

診療実績

ホスピス緩和ケアについて

ご入職希望の方へ



プラタナスの広場

プラタナスネットワーク 求人検索サイト



このページのトップへ