松原アーバンクリニック 医療法人社団プラタナス

  • アクセス
  • 採用について
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

シリーズ 〜看護助手は見た〜「松原アーバンクリニック病棟の毎日」vo.6 最終章

シリーズ 〜看護助手は見た👀〜「松原アーバンクリニック🌿病棟の毎日」vo.6 最終章

 

「花のおじさん」

シリーズ 最終章です!!

 

おじさんから2回目の手紙が届いたその日のうちに

患者さまと一緒にお返事を書きました💌

 

この頃、体の状態が悪くなり、寝ていることが多くなっていた患者様は、

目がうっすらと覚めた時には

看護師やスタッフに今までの感謝の想いを口にしていました。

 

私に対しても、

「おじさんとつながることができたのは、こけしちゃんのおかげ」

と何度も感謝されました。

 

 

そのたびに、私のほうこそ、

患者さまのおかけでおじさんの優しさに気付くことができ、

こんな素敵なやりとりの仲介役にさせてもらったことに

感謝の想いでいっぱいでした。

 

 

「おじさん、これから僕は天国に行きます。」

 

と一文から始まったおじさん宛の手紙。

 

その後もおじさんへの優しさへの感謝の想いのつまった文章を

私は代筆させてもらいました。

 

そしてその日のうちにポストに手紙を出しました。

 

 

これが患者様からおじさんへの最後の手紙になりました。

 

 

 

 

その後しばらくして

 

患者様は旅立たれました。

 

 

 

 

その後おじさんと松原のつながりは今も続いています。

 

 

患者さまの最後の手紙のお返事はもちろん

絵の得意なおじさんは、松原の看護師や看護助手の似顔絵を書いて

送ってくれたり、時々お花を持ってきてくれることもあります。

 

 

 

患者様は私に

 

「おじさんとつながることができたのは、こけしちゃんのおかげ」

 

と言ってくれましたが

 

 

 

 

むしろ

 

「おじさんとつながることができたのは、患者様のおかげ」

 

です。

 

 

私には気づかなかったおじさんの存在、おじさんの優しさ、

そして患者様の目線。

 

 

たくさんのことに気づかせ、教えてくれるの

いつも患者様です。

 

 

まだまだ未熟な私ですが、患者さまの人生に触れ、

日々たくさんのことを教えてもらいながら

ここ松原で看護助手としてこれからも心を込めて日々お仕事していきたいと思います。

 

 

今まで出逢ったたくさんの患者様、本当にありがとうございました。

 

そしてこれから出逢う患者様、若輩者の私ですがどうかよろしくおねがい致します。

 

 

 

 



    カレンダー
  • 2020年9月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
月別アーカイブ


このページのトップへ